ブラックリストに載っている間はクレジットカードは作れないのが通常です。

ただし、金融会社の中では、ブラックリストに名前が掲載されているという人でも
クレジットカードを作れます。

買い物ができるサイトを運営しているる大規模な企業の中では、
カードができることがあります。

インターネットのブログでは、ブラックリスト入っていつつも
クレジットカードがつくれたという記事を見ます。

人によっては、ブラックリストに掲載されている状態で、
デビッドカードを発行してもらえたという話もあります。

デビットカードはクレジットカードと違って、決済が購入時にすぐにされる為、
銀行口座にお金が残っていないと支払う事ができないシステムになっています。

デビットカードの場合はキャッシュカードと同じように、
通帳の口座に残高があれば、利用する事ができます。

もしも残高不足になっていると、デビットカードを使った買い物ができません。

デビッドカードを使った決済は、クレジットカードを使う時ほど
金融会社のリスクにならないため、審査を通過しやすいのです。

デビットカードで決済できる金額は、
銀行口座に残っている金額と一致するという仕組みです。

まだブラックリスト入りの期間が終わっていなくても、
金融会社によってはカードを発行します。

利用が制限されるデメリットがあるので、
やはり、ブラックリストに載らないように
計画性のあるクレジットカードの利用をしたいものです。