ブラックリストに一度載ってしまうと、基本的には一定期間はクレジットカードを作るのは不可能です。
ブラックリストという言葉をよく聞きますが、どんなものでしょう。

ブラックリストという言葉は、よく聞く反面実体のないものであり、
金融会社の持つものではないようです。

金融機関がクレジットカードを新しくつくる場合、客の信用情報を情報会社に照会します。
ローン返済でトラブルを起こしたことがないか、破産していないかなどを情報会社から取得します。

借り入れや返済に関する信用情報などについてかかれたものが、
通称ブラックリストと呼ばれているわけです。

ブラックリストに一度載ってしまうと大変です。

任意整理、自己破産、返済不能など、
キャッシング利用歴に深刻なトラブルが発生したことがある人ほど、
審査の通過が困難になります。

審査の段階で断られてしまうので、
新しくローンやキャッシングをするのは、情報が残っている間は無理になります。

ブラックリスト入りしていた人でも、ある程度の時間が経てば情報がなくなるので、
まだクレジットカードがつくれます。

ブラックリストに乗っていた客をどこまで断るかは、金融会社次第です。

ブラックリストに載ってしまっているならば、クレジットカードを作る、作らないは別にしても、
少なくとも何年間でその情報が消えるようになっているのかを確認したほうが良いです。