公共料金を多くの自治体クレジットカードで支払うことができるようになっていますが、
どのようなことに注意したら良いのでしょうか。

クレジットカードで公共料金を支払う場合の一番の注意点は、
口座自動振替の場合に適用されていた口座割引制度が利用できなくなることです。

電気料金や、水道料金の口座振替では、多くの場合割引がされているといいます。

口座割引制度は、クレジットカードを使った支払いでは適用されないことに注意しましょう。
反対にポイントがたまりますのでどちらがお得かよく計算するようにしましょう。
自治体の中には、口座引き落としでも割引をしていなかったところもあります。
その場合は比べるまでもなくクレジットカードがおすすめです。

口座振替とクレジットカード払いのどちらは得をするかは
持っているクレジットカードによって異なります。

基本的には年会費が無料でポイントが1%以上のものであれば得をするでしょう。

クレジットカードで支払う場合、決済額が大きいほど、
お得な支払いが可能になります。

クレジットカードのポイントを効率的に貯めるためにら、
クレジットカード払いが可能な公共料金を全部同一のカード払いにします。

バラバラのカードで支払っていてはポイント還元のメリットを得られないので要注意です。

効率的にポイントが貯まるような支払い方で、
公共料金のクレジットカード払いをしましょう。